IKKEI

TOPスペシャルコンテンツ週刊へらニュース 2017年6月30日号

へらニュース 2017年06月30日号 宮崎まこの一期一景 へらニュース
2017年06月30日号
千葉 清遊湖でエサ教室に参加

▲エサ教室に参加しました~

『蒼天』は軽く、バラけて、しっかり芯残り

エサ講習会

▲エサ講習会

梅雨入り直前の6月3日(土)、清遊湖の「一景エサ教室」に参加してきました~。なんと参加無料で、エサが使い放題です。今回は新エサ「蒼天(そうてん)」の使い方を教わりました。 当日は快晴の釣り日和、空はまさに蒼天。午前9時に到着すると、各桟橋にはヘラ師さんがズラリ。中央桟橋・渡り奥の北向きに入る。10尺竿を継いで、エサは蒼天単品でチョウチン釣り。タックルとエサは別図。

キレイな良型が釣れましたぁ♪

▲キレイな良型が釣れましたぁ♪

さっそく、ドキドキの1投目。エサがゆっくりと沈んでいくのを見ながら、どれくらいで釣れるかな?と思った瞬間、ツンとしたアタリが。チ ャンスは逃すべからず。鋭くアワせると、ずしりとした重量感。ゆっくりゆっくり寄せる。と、なんとびっくり!幸先よくピチピチの良型をゲット。とっても嬉しい。

蒼天は軽くてエサ付けしやすいよ

▲蒼天は軽くてエサ付けしやすいよ

すぐさま2枚目を狙うべく打ち返す。そこから順調にヘラブナ!ヘラブナ!ヘラブナ!面白いように釣れていきます。でも、アタリはかなり繊細で、ウキの動きから目を離さず神経を尖らせます。

この「蒼天」は軽くてふわっとバラけるのに芯はほどよく残る。エサ付け時のまとまり感が絶妙で、特有の匂いもないし、手に臭いが付かない。エサボウルに鼻を近づけて嗅いじゃいました(笑)

吉田先生のアドバイスでアタリが復活!!

▲吉田先生のアドバイスでアタリが復活!!

次第に、アタリはあるのにカラツンが増えてきてため息…。そんな様子を見にきた講師の吉田新太郎先生がわかりやすくアドバイスをくれました。

すると効果てきめん、アタリが復活し好ペースに♪教室に参加した皆さんも好調で、あちこちから楽しそうな会話が聞こえます。

宮崎まこのチョウチンりタックル 6/3 清游湖 ウキ 淳作 プロト道糸0.8号 糸付アスカ ハリス0.4号 ハリ アスカ5号 エサ=両ダンゴ(一景) 蒼天4 水1 ※手水で調整

お昼ゴハン前に好釣でお腹いっぱいになり終了。

これからしばらくは、天気予報とにらめっこになっちゃうけど梅雨も釣りを楽しんでくださいね。「あーした、てんきになーぁれ♪」

●清遊湖 TEL 04(7193)1255番(週間へら釣況欄参照)

〈宮崎 まこ〉

モデル・タレントとして活躍中の宮崎まこちゃんが、ヘラ釣りに挑戦する企画「一期一景」。今回は、千葉県柏市にある本紙協定・清遊湖で毎月第一土曜に開催中の一景エサ教室に参加。6月下旬に新発売のダンゴエサ「蒼天(そうてん)」を使って、チョウチン釣りを楽しんだ。