TOP > へら鮒釣りの楽しみ方 > へら鮒釣り入門

へら鮒釣り入門
はじめてのへら鮒釣り講座

エサの付け方

エサは綺麗に付けましょう

時間がかかってもエサはていねいに付けましょう。
餌を開かせる方向に調整する事は難しいのですが、その難しい調整が簡単に行える特性を持っています。それが一景餌7シリーズの最大の武器である軽さから創出されるバラケです。
軽くて開く餌からスタートし基本的に少しずつ練り込んでいきます。練り込めばエサは重くなり、開きは悪くなりますが、これを釣り人の指先で感じながら調整できます。程良い開き加減、適切な餌持ち具合のところで餌の質を留める事が可能です。
餌の調整範囲が広い事も最大の武器です。

タナ(深さ)について

エントリークラスは棚を見極めやすい
底釣りから覚えよう

ヘラブナに出会うなら、まずは底を探る“底釣り”を覚えることから始めましょう。季節によってタナを変えるヘラブナだが、底から探って、徐々にウキ下を短くしていけば、必ず食いダナに当たります。比較的どんな魚にも応用が効くから覚えておきましょう。
ヘラブナのアタリは、ウキが確実に消し込むこともありますが、ゆっくり浮上したり、ウキが抑え込まれたり…と千差万別です。このアタリをしっかりととらえ、魚を掛けるのがゲームの醍醐味。始めのうちは、おやっと感じたら必ずアワセを入れてみましょう。
バラケエサで魚を寄せて、食わせエサで仕留めるイメージ。仕掛けは、できるだけ同じポイントに入れましょう。

底釣りウキした調整法

確実に底を取るには、ウキの浮力調整から始めましょう。
(1)エサを付けない状態で、ウキのトップが4~5目盛り分、水面にでるようにオモリで調節する。
(2)続いてハリに「タナ取りゴム」を装着。トップが水面ギリギリにでるよう、ゴム管をずらしながらウキ下を調節です。
(3)その後、「タナ取りゴム」を外すと、ウキ下がベストな状態になります。

底の深さを測るための道具としてタナ取りゴムと呼ばれるゴム製のオモリが売られています。または、ゴム入り中通しオモリがお勧めです。ゴムに針を引っ掛けて使用します。

夏、春&秋のタナを覚えておこう

夏は水深1mくらいの浅ダナを狙う“カッツケ釣り”。春と秋は深場の中層を攻める“チョウチン釣り”で探ると勝負が早く、これは攻めるポイントにも言えることがあります。
※水面付近の50センチあたりで活動するヘラブナをターゲットにする釣り方です。

ウキのエサ落ち目盛を決める

仕掛けを水に投入すると、オモリの重さでバランスがとれてウキが立ちます。このとき、ハリにエサが付いていない状態で、水面から出たウキのトップにある目盛りを“エサ落ち目盛り”と呼びます。この目盛りの位置を基準に、エサの重さでウキが沈んでいくところから、へら鮒釣りがスタートします。

エサ落ち目盛とは

エサ落ち目盛りとは、その名の通り“ハリからエサが落ちている(エサが付いていない)状態”のことです。
エサを付けて仕掛けを投入しウキが立ってから、はじめに決めておいたエサ落ち目盛りより、3目盛り多く沈んだとしましょう。
この3目盛りがエサの重さで、自分が釣ろうとする水深(タナ)まで、エサが溶けずにハリに付いていることがわかります。これを“なじみ幅”と呼びます。このように、エサ落ち目盛りは水中でのエサの状態を知らせてくれる大切な役割をしています。きちんとオモリの重さを調節し、正確にエサ落ち目盛りの位置を確認しておくことが大切です。

エサ落ち目盛の位置

エサ落ち目盛りは、ウキのトップの長さ(目盛りの数)によって位置が変わります。基本的なエサ落ち目盛りは“トップの付け根から3分の1くらい上のところ”です。トップの目盛りの色が変わっている場合が多いので、目安になるでしょう。

エサ落ち目盛を出すためには

エサ落ち目盛りを決めるには、道糸に巻いた板オモリをハサミで少しずつ切って調節します。オモリを切る目安として、厚さ0.25mmの板オモリの場合は、約1mmで1目盛りと覚えておくと便利です。例えば、水面からあと1~2目盛り出したい時は、ハサミで1mmずつ2回に分けて様子を見ながら切ります。適当に切ってしまうと、一気に目盛りが出てしまうので気をつけましょう。
Top