TOP > へら鮒釣りの楽しみ方 > 初心者のための釣り用語講座

初心者のための釣り用語講座

アタリ

魚がエサに食いついたとき、その状態がウキに表れる動きのこと

アッパー

ヘラブナが釣り上がった時に下アゴに針が掛かっている状態

荒食い(あらぐい)

産卵前や越冬前の時期、体力を付けるためにエサを良く食べること

アワセ

アタリ(反応)に合わせて竿を振り上げ、魚の口にハリをかける動作

一枚(いちまい)

ヘラブナ一匹のこと

居着き(いつき)

一定の場所に着いている魚。そこに住んでいる魚

糸ふけ(いとふけ)

仕掛け投入時や、釣っている最中に、糸がたるんだ状態

打ち込み(うちこみ)

針に付いた餌をポイントに投入すること

うわずる

水面近くに魚が集まる様子

エサ落ち(えさおち)

ハリにつけたエサが水中で完全に無くなった状態のこと

エサ切り(えさきり)

アタリはないが竿を上げて、 ハリに付いているエサを寄せ餌にするための動作

エサ持ち(えさまち)

エサが水中で魚に食われるまでの状態

回遊(かいゆう)

水中でヘラブナが群れを作り泳ぎまわること

カケアガリ

深いところから岸に向かっている傾斜面

活性(かっせい)

魚が活発に動くこと。活性がある=活発に活動する

カッツケ

水面近くの浅いタナ(水深)。また、魚を水面近くに魚を浮かせて釣ることをカッツケ釣りという。

カラアワセ

アタリはないが竿を上げて、 ハリに付いているエサを寄せ餌にするための動作

カラツン

アワセ動作をしても空振りだったアタリのこと

魚信(ぎょしん)

アタリのこと。魚がエサに食いついたとき、その状態がウキに表れる動きのこと

巨ベラ(きょべら)

特に大きいヘラブナのこと

外道(げどう)

釣るターゲット以外の魚のこと

先調子(さきちょうし)

竿の曲がり具合を先端部に大きくとった竿

さそい

アクションを付け、エサを少し動かし、魚に刺激を与えて誘う動作

時合い(じあい)

魚が寄り付き、釣れだす時間のこと

尺(しゃく)

大きさの単位。1尺は30.3cm

ジャミ

仕掛けを投入しているうちに集まってくる小魚

丈(じょう)

大きさの単位。尺(1尺は30.3cm)の約10倍のこと

芯残り(しんのこり)

エサの芯が残ること。バラケきらずにハリに残った状態

巣離れ(すばなれ)

越冬していたヘラブナが、深みから離れはじめること

スレがかり

魚の口以外にハリがかかること

底釣り

水底にエサを着けて釣ること。片ズラシ、両ズラシ、オモリベタなども底釣りの一種

体高(たいこう)

へらぶなの頭から背にかけての盛り上がり部分の最高位

タナ

深さのこと。水中で魚が遊泳している層。

タナ取り(たなとり)

自分の釣るタナを計ること。魚を釣るための深さ調整

たも網(たもあみ)

魚をすくう網のこと

宙釣り(ちゅうづり)

水底以外のタナで釣る方法全般

つぬけ

10匹以上の魚を釣ること

釣り座(つりざ)

釣人が釣るための位置。釣堀では番号の付いた仕切りのあるスペースのこと

釣り台(つりだい)

池の岸に立ち込んで釣るときに使う組み立て式の台

ツンアタリ

エサを吸い込むとウキに「ツン」と動きがある様子

手返し(てがえし)

エサをつけてから振り込むまでの一連の動作のこと

ドボン

オモリを水底へ付けて釣ること

取り込み(とりこみ)

魚をハリにかけてから、玉網ですくうまでの動作

中通し(なかとおし)

オモリの中に道糸を通し、底釣りに使用する際の仕掛け

なじむ

ウキがなじむ。水中の仕掛けが落ち着き、ウキの目盛が安定すること

納竿(のうかん)

竿をしまい、釣りをやめること

乗っ込み(のっこみ)

春に巣離れしたヘラブナが、産卵のため浅場に移動して産卵すること

乗る(のる)

アワセをして魚がハリに掛かった状態

場荒れ(ばあれ)

釣りをする場所が前に入った釣り人のせいで釣れにくくなった状態

ハタキ

魚が産卵のために浅場で騒いでいること

ハネ

魚が水面上を跳ね上がること

バラケエサ

寄せエサとして水中バラケるためにつけるエサのこと

バラシ

ハリに掛かった魚が釣り上がるまでに逃げること

ハリス

針を付けた糸のこと

振込み(ふりこみ)

仕掛けを目的の位置まで竿を振りおく動作

ペトコン

エサを柔くする為に水の量を多したエサ

ボウズ・オデコ

釣れないこと

本調子(ほんちょうし)

竿の基本になるバランスのこと

前アタリ(まえあたり)

本アタリの前の小さく刻むようなアタリのこと

まずめ

魚が最もエサを食う時間帯のこと。一般的には日の出、日没の頃をまずめと呼ぶ

道糸

ハリスまでの竿につなぎ合わせる糸

モジリ

水面で魚が跳ねること

藻面(もづら)

水面から見える藻

基エサ

最初にベースするエサ。これに他のエサを混ぜ合わせ調合する

もどり

魚の寄り、エサ落ちなどの為にウキが上がってくること

寄せエサ(よせえさ)

魚を集めるたのエサ。 バラケエサも寄せエサにあたる

ヨリモドシ

サルカンのこと。糸と糸をつなげる為に用いる金属製の部品

リズム

エサ打ちのテンポのこと

両ズラシ(りょうずらし)

上バリと下バリを水底に着けて釣ること

ワンド

川や池・沼などで入り江になっているところ


Top