TOP > へら鮒釣りの楽しみ方 > 釣りのマナーについて

釣りのマナーについて

釣り場にはゴミを残さず帰りましょう。

釣り場はみんなが使用するところ。来た時と同じように、来た時よりもきれいに。
必ず持ち込んだ物は、忘れないように持って帰り、ゴミを捨てずに豊かな環境を守っていくことが大切です。

無理な割り込みは止めて、周囲に気をつけましょう。

竿やハリが周囲の人にあたらないように。 無理な割り込みは事故やトラブルのもと。できるだけ隣の人と十分なスペースをとって釣りをするようにしたいものですが、 どうしてもすぐ近くでせざるを得ないときは、先客に一言声をかけるなどの配慮が必要です。

釣り場での服装について

釣り場では、動きやすいパンツを着用しましょう。スカートやサンダルなど肌や素足が見えるモノはケガの原因になるので、控えましょう。

万が一のため、ライフベスト着用など安全面には心がけましょう。

着衣のまま落水すると思うようには泳げず、溺れてしまいます。命が一番大切ですから必ずライフベストは着用するようにしましょう!
(最近は自動膨張ベストなど身に着けやすいものも出ています。)

台風や雷雨時は釣りしない。

釣行日が決まればその日が待ち遠しくて仕方がないものです。
しかし、天候や体調は常に不確実なもので、当日悪天候だったり、体調が思わしくなかったりすることはあるものです。そんなときに無理をして釣りに出掛けるのは事故の元です。

大声などの騒音のないよう心がけましょう。

大声などの騒音は、敏感な魚を散らしてしまう原因になり、周囲の釣り人には迷惑かけます。
自然の中で釣りをするときは、周囲の人に気をかけながら楽しみましょう。

その釣り場特有のルールを守ろう。

海や川・湖などでは漁業権が設定されていることが多く、釣りをするのに有料になっている場合があります。
多くは漁場の環境保全や魚の放流等のための費用に使われていますので、必ず必要なお金は支払って釣るようにしましょう!
また釣り禁止区域での釣りや管理釣り場でのルールは、きちんと守りましょう。
Top